Au Praxinoscope GALLERY

Card image cap

『幾多の北』と三つの短編 原画・版画展

矢野ほなみ 幸洋子 山村浩二
2023年1月20日(金)〜3月25日(土)

ミニミニポッケの大きな庭で・ホッキョクグマすっごくひま・骨嚙み・幾多の北、4つのアニメーション作品の原画と版画を展示/販売

1月20日、21日、
2月3日、4日、10日、11日、17日、18日、24日、25日、
3月3日、4日、10日、11日、17日、18日、24日、25日
会場:オープラクシノスコープ(毎週金曜、土曜、12:00-18:00)
1月27〜29日、池袋・新文芸坐にて3日間超限定劇場公開【『幾多の北』と三つの短編】を記念して、矢野ほなみ『骨嚙み』、幸洋子『ミニミニポッケの大きな庭で』、山村浩二『ホッキョクグマすっごくひま』『幾多の北』のアニメーション原画とジークレー版画の展示、販売をいたします。

Card image cap
Card image cap

『幾多の北』と三つの短編 一般劇場公開決定!


これから上映する劇場:
02.11-17 18:20-、名古屋シネマテーク
トークショー:02.11 山村浩二×幸 洋子
03.03、福岡、KBCシネマ
03.10-16 16:50前後の回、広島、横川シネマ
03.18-24、川崎市アートセンター
日程未定、京都、出町座


上映が終了した劇場:
2023.01.27-29、池袋・新文芸坐全日満員御礼!
01.27 山村浩二×幸洋子×矢野ほなみ
01.28 ピーター・バラカン×山村浩二(舞台挨拶:幸洋子、矢野ほなみ)
01.29 中条省平×山村浩二(舞台挨拶:honninman、矢野ほなみ)


山村浩二監督の『幾多の北』は、明快なストーリーを持たず、一般に「長編アニメーション」という言葉からイメージされるものとは異なる「行き切った」仕上がりで、その前例のないチャレンジは世界で大きく評価されています。今年2022年の5月に行われた第61回アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コントルシャン部門でクリスタル(最高賞)を受賞。さらにこの9月には第46回オタワ国際アニメーション映画祭の長編部門でグランプリを受賞するなど、既に国内外で8つの賞に輝いています。
『幾多の北』に加え、墨絵のかわいい動物たちが歌に合わせてコミカルに動く山村の監督作『ホッキョクグマすっごくひま』(2021/7分)、山村が若い作家たちをプロデュースしたオープラクシノスコープ製作の『骨嚙み』(矢野ほなみ監督/2021/10分)と、『ミニミニポッケの大きな庭で』(幸 洋子監督/2022/7分)の、三つの新作短編も同時上映します。これら三作品も既に国内外の映画祭で多くの受賞を果たしており、全四作品を合わせるとトータルの受賞数は実に50にも及びます。今回の上映は、山村浩二の現在に加え、彼の下で育った新しい才能までも一望できるショーケースであり、現在日本の「作家によるアニメーション」の「極北」を体験出来る絶好の機会とも言えるでしょう。

公式サイト »

9 ways to daw a person
ミニミニポッケの大きな庭で
監督:幸 洋子 / 2022 / 7分

wednesday wuth goddard
ホッキョクグマすっごくひま
監督:山村浩二 / 2021 / 7分

Notes on monstropedia
骨嚙み
監督:矢野ほなみ / 2021 / 10分

music traumas
幾多の北
監督:山村浩二 / 2021 / 64分


    営業日:
    金曜 & 土曜
    12:00〜18:00
Au Praxinoscope
東京都世田谷区奥沢7-13-11