Praxinoscope

>English

営業日:
金曜 & 土曜
13:00〜19:00




facebook twitter icon YouTube Google+ instagram

Yamamura Animation logo

GALLERY
gallery
Au Praxinoscopeでは、世界で活躍するアニメーション作家を紹介する小さな展覧会、上映会を企画、開催していきます。
2017年4月22日(土)〜7月29日(土)
折笠良 ドローイングス

折笠良ドローイングス

 言葉や文字と画像との関わりを実験的なアニメーションで表現する気鋭のアニメーション作家、折笠良の原画展を開催いたします。
 世界のアニメーション映画祭において数々の賞に輝く折笠良は、アニメーション関係者のみならず、現代美術界においても注目を集めています。本展覧会を通じて、インディペンデント・アニメーションの先端を走る折笠の、意味と形象の間を揺れ動くイメージの変容の秘密に迫ります。
 アニメーション作品に使用された原画やドローイング23点の展示と販売、また創作のきっかけとなった本や創作過程の見取り図なども展示いたします。

Scripts volant
Scripts volant / Writings Fly Away (2011)
原作はオスカー・ワイルドの『幸福な王子』。「Scripta」は「書かれたもの」、「volant」は「飛び去る」の意。テクストを使った映画、あるいは映画としての書物を通して、見ることと読むことの間に立つ。

Scripts volant / Writings Fly Away (2011)
「Scripts volant」ドローリング (2011)

Datum Point
水準原点 / Datum Point (2015)
戦後を代表する詩人であり、シベリア抑留の経験をもつことでも知られる 石原吉郎(1915-77)の詩「水準原点」を粘土に刻印、約1年にわたる記録。

水準原点 / Datum Point ドローリング
「水準原点
」ドローイング(2015)

Notre chambre
Notre chambre (われわれの部屋) / Echo Chamber
(2016)
サイ・トゥオンブリは、ロラン・バルトは、何をしているのか。テクストの誘惑と困難を書き、読んだ日々の記録。

Notre chambre
「Notre chambre」 ドローイング(2016)

Phantom Table
「Phantom Table」のためのドローイング
(2016)

トークイベント
折笠 良 × 山村浩二


4月29日(土)17:00-17:40
会場:Au Praxinoscope Gallery、入場無料

折笠 良  折笠 良

茨城県潮来市出身。茨城大学教育学部を卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻を修了し、現在、アニメーション作家として活動しています。詩や文学をモチーフに、繊細に手の込んだ独特な世界観を示す短編映像を発表しており、2015年に発表した作品「水準原点」は、第70回毎日映画コンクール大藤信郎賞のほか、世界4大アニメーションフェスティバルに数えられるザグレブ国際アニメーション映画祭でゴールデンザグレブ賞(準グランプリ)を日本人として初めて受賞、さらにオタワ国際アニメーション映画祭で最優秀実験・抽象作品賞を受賞するなど、国内外で高く評価されています。
 
過去の展覧会
2017年1月13日(金)〜3月25日(土)
ユーリー・ノルシュテイン版画展

ユーリー・ノルシュテイン版画展

ユーリー・ノルシュテイン版画展
ロシアの巨匠、ユーリー・ノルシュテイン監督作品のジークレー版画の展示販売。
ノルシュテイン監督と美術監督フランチェスカ・ヤールブソバの直筆サインとノルシュテイン・スタジオ・アルテのオリジナル版画作品の証明エンボス印入り。
展示作品:
『霧の中のハリネズミ』、『アオサギとツル』、『話の話』、『冬の日』、『外套』ジーグレイー版画 14点
2016年7月29日(金)〜11月26日(土)
ジャン・ヴァンサン・セナック

ジャン・ヴァンサン・セナック

可愛らしさとユーモア、エスプリ溢れるアイデア!
短いセンテンスに凝縮された豊かな思想…
アニメーションの原点、フリップブックで体感しよう!

ジャン・ヴァンサン・セナック フリップブック原画展
オリジナルドローイング 5点
フリップブックのためのオリジナルドローイング 38点
2016年5月13日(金)〜7月23日(土)
AnimationCabin logocabin3 Rubicon
こどもにナんセンス?!ロゴ

アニメーション・キャビン Vol.3>こどもにナンセンス ?!

こどものためのナンセンスアニメーション!
ナンセンス(無意味)だからこそ意味がある、心に複雑なもやもやを残す作品集
「春のしくみ」(監督:和田 淳/日本/2010/4:20)、「おとぎ話」(監督:プリート・パルン/エストニア/1984/9:24)、「二匹はともだち」(監督:ナタリア・チェルヌショーヴァ/ロシア/2015/4:04)、「ルビコン川」(監督:ギル・アルカベッツ/ドイツ/1997/6:36)、「こどもの形而上学」(監督:山村浩二/日本/2007/5:11)、「アップルパイ」(監督:イザベラ・ファベ/スイス/2005/10:00)
2016年3月11日(金)〜5月7日(土)

Animation Cabin2
ボリス・ラベ
<アニメーション・キャビン vol.2> ボリス・ラベ 展

ループという、アニメーションにおける根源的なエレメントを用い、
未知の生態系や世界をミクロとマクロの視点で描く。
映画の時間・空間形式を超えた、生き生きとした映画的体験へ。
Rhizome (2015, 11:55), Il(s) tourne(nt) en rond (2011,loop, 4:48), Kyrielle (2011, loop, 10:00)
2016年1月9日、16日、23日、30日、2月6日、13日
アニメーション・キャビン1

<アニメーション・キャビン vol.1>
山村浩二が2015年に出会ったベスト短編アニメーション上映
「会話」監督:アナ・ホルバット/「魔王」監督:ジョルジュ・シュヴィツゲベル/「アザラシの島」監督:エドモンド・ヤンソンス/「ベンチ No. 0458」監督:イワン・マクシーモフ
2015年9月4日(金)〜 12月26日(土)

MYSELF LA by Andreas Hykade

Los Angeles
"LA 29"
2015年5月1日(金)〜8月29日(土)
カロとピヨブプト展
カロとピヨブプト展

カロとピヨブプト展


カロとピヨブプト展
2015年1月9日(金)〜2015年4月25日(土)
George logo

Georges Schwizgebel solo exhibition

>ジョルジュ・シュヴィツゲベル展
2014年10月4日(土)〜2014年12月27日(土)
山村浩二コレクション: 世界のアニメーション作家アートワーク展 

山村浩二コレクション:世界のアニメーション作家アートワーク展

此処と大いなる何処か

>世界のアニメーション作家アートワーク展
2014年6月7日(土)〜2014年9月27日(土)
 イーゴリ・コヴァリョフ展
Igor Kovalyov
solo exhibition

イーゴリ・コヴァリョフ展

>イーゴリ・コヴァリョフ展

2014年2月1日(土)〜2014年5月31日(土)
プリート・パルン展
2
parn2
2013年10月5日(土)〜2014年1月25日(土)
プリート・パルン展

parn prints
△ページTopに戻る